技教研 拡大ゼミ(月1回)紹介!!


 技教研では,卒研・修研生を対象とした毎週のゼミの他,月に1回,2回生から大学院生まで全員が参加する拡大ゼミを行っています。このページでは2001年7月の拡大ゼミの様子を紹介したいと思います。

 拡大ゼミでは,各回生の学生が持ちまわりでプレゼンテーションを行っています。7月の拡大ゼミでは,4回生による教育実習報告がなされました。

  

 4回生は,6月に2週間の応用教育実習を履修しています。プレゼンテーションでは,実習での様々な体験について写真を交えて,報告されました。報告内容は,授業づくりにこだわったもの,生徒との関わりにこだわったものなどが見うけられました。

 

 その中では,「先生の思いの強い授業ほど,生徒が反応してくれる」,「生徒をアッといわせる教材の準備」,「子どもの笑顔が元気のもと」,「10知って1を教える」などなど,体験から学んだいくつもすばらしい「言葉」が語られました。

 

 2,3回生も「明日は我が身」とばかり,聞き入っています。プレゼンテーションの後のディスカッションでは,「生徒の主体性と教師の援助の兼ね合いはどうすればよいか」,「実習中に気をつけなければならないこと,苦労したことは」,「学部での授業は実習で役に立ったか」,「教材研究をどのようにすればよいか」など,具体的な議論が交わされました。

 ゼミを終えた4回生の笑顔です。さすが,「先輩」としての「頼もしさ」を感じさせてくれました。プレゼンテーションが終わって,「ホッ」とするのも,つかの間…。いよいよ卒業研究が佳境へと入っていきます。

 この他,拡大ゼミでは,新歓コンパ,情報処理活用能力検定(J検)対策,教育実習報告,暑気払バーベキュー,ホームページ発表,就職活動特集,卒論(中間)発表会,フレンドシップ事業,技術・家庭科教育ワークショップ等など,様々な取り組みを行っています。


戻る