信州大学教育学部 You遊フェスティバル2001

ほんとに聞こえる!? 簡単手作りラジオ

日時:2001/12月8日
場所:教育学部W506教室
リーダー:3回生 井上
スタッフ:3回生 加藤,田中,岩倉,他2回生,4回生,大学院生等

 今年度より,You遊サタデーをさらに発展させたYou遊プラザ,You遊フェスティバルが始まりました。12月には,教育学部のキャンパスにて,小学生の子ども達を対象とした様々な講座が開催されました。今回,技教研では,「ほんとに聞こえる!?簡単,手作りラジオ」に挑戦しました。


  

 3回生を中心とした教材研究によって,当日の教室には周到な準備がなされました。今回の題材は,トランジスタも何も使わない「クモの巣コイル」を用いたラジオです。部品は,コイルとバリコン,抵抗にダイオード,そしてクリスタルイアホンを,コンパクトに100円ショップで買っタッパーの中に納めました。

 

 まず,最初は,学習プリントを用いて作り方のイメージをつかみます。その中で,子ども達にとってははじめて使う工具,ハンダごてや,ニッパなどの使い方をリーダーが説明します。

  

 本番の前に,ニッパで芯線をむく作業,ハンダ付けの練習をしました。はじめての作業に最初はびくびくしていた子ども達も,少しずつコツをつかんだようです。

  

 製作は,主にラグ板へのハンダ付け,配線の作業です。細かい作業もあり,なかなか神経を使います。一本,手が足りないところはスタッフがお手伝い。お父さんも「クモの巣コイル」を見つめて,真剣です。

  

 全ての子どもに1名以上のスタッフがついて支援したおかげで,作業は着々と進みました。また,教材研究によって,子どものつまずきを予測しておいたことも,大変役に立ちました。配線が完成したら,いよいよアンテナを設置したバルコニーへ!

  

 手作りラジオをアンテナに接続して,果たして聞こえるかな!? 緊張の後は,笑顔で完成の喜びをかみしめる子ども達。スタッフも一緒に大喜びです。閉幕式では,それぞれに自分の作ったラジオをみんなに紹介して,講座は幕を閉じました。


戻る