You遊サタデー/小学生のための技術教室5

「親子でチャレンジ!! 溶かして作ろう,合金キーホルダー!」 

 日時:2000/5/27(土)

 場所:信州大学松本旭キャンパス 

 リーダー:佐藤 正志(M1),スタッフ7名

 第7期第20回となる5月のYou遊サタデーでは,小学生とその親子を対象に,減摩合金を用いた鋳造によるキーホルダー作りに挑戦しました。大学院生1回生の佐藤くんを中心に技教研のメンバー5名,そして言語教育講座の1回生2名がスタッフとして活躍してくれました。


 

 今回の講座には,計17名の小学生や保護者の方が参加されました。まず最初は,自分の作るオリジナルキーホルダーのデザインを練ります。

  

 デザインが決定したら厚さ2mmのコルクの板に書きこみ,カッターで切断します。そして,切りぬいたコルクを接着剤で合板に張りつけます。この時,合金の湯口を大きめに作っておきます。そして,もう一枚の合板をクリップで固定したら鋳型の準備OKです。

 

 いよいよ減摩合金をカセットコンロで溶かしていきます。「金属が溶ける様子を見るのは始めて」という人がほとんどで,その様子を注意深く観察していました。十分に溶けたら鋳型に流し込みます。

 

 数分後,温度が下がってから鋳型をはずします。すると,中にはデザインした通りに合金が成形されていました。難しいデザインでも鋳型の幅や空気穴を工夫することで,大成功でした。思わず拍手喝さいという場面も…。

 

 鋳造の後は,組みヤスリと耐水ペーパーを使って形を整えていきます。磨けば磨くほど,輝きが増していきます。

 

 最後は,穴開けを行い,ホルダーを取りつけて完成です。思い思いのオリジナルキーホルダーに大満足!!

 

 アッという間の2時間半でしたが,鋳造の技術を使った世界に一つしかないオリジナルキーホルダー作りを通して,「ものづくり」に対する興味や関心を高めることができました。子どもと共に,子どもに戻って必死に取り組んでいるお父さん,お母さんの姿も大変印象的でした。


戻る