平成15年度 兵庫教育大学公開講座

簡単ロボット製作で学ぶコンピュータのしくみと制御

 日時:2003/6月〜7月毎週土曜日 計8回
 場所:兵庫教育大学大学院神戸サテライト 
  講師 松浦正史・小山英樹
  アシスタント 島田  

 今年で3年目となる公開講座「ロボット製作が学ぶコンピュータのしくみと制御」が今年も開催されました。


  

 このロボット,名づけて「HUTE-ROBO」は,松浦先生が開発された教材で,PICと呼ばれるマイクロコンピュータを用いて,左右2つのモーターを制御するものです。プログラムをコンピュータ上で作成した後,写真右にあるライターでPICにプログラムを書き込みます。その石をロボットに取り付けるとプログラムした通りの制御が実現するしくみになっています。ひげのようなものは,マイクロスイッチでPICに入力信号を送るセンサーの働きをします。

  

 講座は,ブレッドボードを用いた簡単に実験の後,ギアの組み立て,基盤の半田付け,プログラムの作成と進んでいきました。今年は松浦先生と小山先生が分担して講座を進めていきました。アシスタントの島田くんも準備段階から大活躍!

  

 受講生の方は,現職の工業高校の先生をはじめ,はじめて取り組まれる年配の方,電子通信系のお仕事をなされている方など,バラエティにあふれています。はじめて半田づけを体験された方から,PICのプログラムを確認するためのボードを自分で作ってこられる方まで,様々でした。

  

 慣れている方も慣れていない方も,それぞれに一生懸命の作業が続きました。最後は,全員が無事にロボットをプログラム通りに動かすことができました。また,それぞれにハードウェアとソフトウェアの関係を学び取っていただくことができました。最終回には,一人一人に修了証書が手渡されました。

 では,ここで受講生の皆さんの作品を動画でご紹介します。ファイルは重いので,以下の容量をご確認の上,ダウンロードして下さい。


01.avi (avi形式3.4M)


02.avi(avi形式3.1M)


戻る