更埴市総合文化会館「あんずホール」

「夏休み創作教室 2000」

日時:2000/8/2(水)〜5(土)
場所:あんずホール創作教室
受講生:更埴市内の小学生(3〜6年生),24名 

 更埴市総合文化会館「あんずホール」では,毎年夏休みに小学生を対象とした「夏休み創作教室」を開催しています。今年は,学校教育臨床演習(情報・技術教育)の受講生13名と,技術専攻の学生・大学院生(TA),森山が講師を担当しました。教室は,2日間で1教室とし,4日間で2教室,計24名程の小学生(3年生〜6年生)が参加しました。


 

 講師を担当した各学生は,7月に大学で試作実習を行い,PowerPointによる教材を作成しました。当日は,まず最初に,製作の方法をノートパソコンと作成したPPT教材で子ども達に説明していきます。

 

 作り方がわかったら,次は,デザインを考えていきます。今回は,事前にデザインを考えてきている子どもが多く,作業はスムースに進みました。

 

 今年の題材は,オルゴールが一番人気でした。その他,時計,テープカッター付本立て,ラッキーボックス等の題材にも挑戦していました。デザインの下書きができたら,いよいよ製作実習です。

 

 組み立て作業を丁寧にこなしたら,下書き通りに,ペインティングです。子ども達の真剣なまなざしに,思わず息を呑む場面も…。世界でたった一つしかない作品がどんどんできあがっていきます。中には,家に持ち帰って,夜遅くまで,保護者の方と一緒に作品に取り組む子どももいました。

 ペインティングができたら,ニスを塗ります。ニスは,2〜3度重ねて塗ることで,作品がピカピカになっていきました。また,乾燥してから,細かいペーパーで磨くと,表面もツルツルになっていきました。

 

 いよいよ完成です。たった2日間でしたが,講師の大学生と子ども達,子ども達同志は,ものづくりを通して,仲間づくりをすることができました。「先生,来年もまた来てね!」。そんな嬉しい言葉を掛けられる人も…。

 前半,後半,合わせて4日間の創作教室が幕を閉じました。子ども達は,自分の力で完成させた作品を満足そうに抱え,みんな笑顔で帰っていきました。


戻る