アメリカ合衆国/イリノイ州/ノーマル

イリノイ州立大学 技術教育学習実験室
Technology Education Learning Laboratory,ISU

訪問日:1999年3月


 イリノイ州立大学(ISU)応用科学部産業技術科に技術教育のための実験室が完成しました。この日は,そのグランド・オープニング・セレモニーに出席しました。


 学内,学外から多くの先生方がセレモニーに出席されていました。実験室には,黒山の人。イリノイ州の現場の先生方も多く出席されているようでした。前日に,「明日は人が多いので,ゆっくりみれないだろう」と3回生の学生さんが事前に実験室の中を案内してくれました。


  この実験室は,モジュールアプローチを採用する高校や中学校と同じく,各教材モジュールごとにブースがセットされています。この写真は,小型の風洞実験装置です。写真右端の装置からは,人工的に霧を発生させることができます。


 これは,アルゴリズムとプログラミングによる問題解決を学習するための教材です。名前は違いますが,ほとんどLogoと同じでした。コンピュータの画面上で,写真左にある黄色い丸い物体(タートル)に命令を与えます。Logoと異なるのは,タートルにセンサーを取り付けることができるため,フィードバック制御の学習も可能です。


 これは,ウェストコミュニティ高校にもあったブリッジの教材ブースです。コンピュータでブリッジの設計とシミュレーションができます。写真左側のボードに設計図が置かれ,ブリッジが製作されます。写真右側の装置は,完成したブリッジの強度試験機です。手動で圧力を加えていくと,その時の荷重が計測され,中央のコンピュータの画面上にグラフとなって表示されます。


 これは,レーザーを使った通信実験の装置です。写真手前よりレーザーが照射されます。写真の奥には,受光部分とスピーカーがあります。中央のビンのようなものには,様々な色の物質が入れられています。これらのビンを途中に置くことで,レーザーの性質を実験することができます。


 他にも,「圧搾空気を制御する技術」,「電気回路実験」,「論理回路実験」,「太陽電池実験」,「NC旋盤」,「ロボットアーム」,「コンピュータアニメーション」「空気ロケット実験」,「機構教材」などの装置や教材が設置されています。


《戻る》