大韓民国/太田市(Korea/Deajon)

第4回環太平洋・アジア地域 国際技術教育会議(ICTE)
The 4th International Conference of
Technology Education in the Asia-Pacific Region

訪問日:2001年11月(松浦正史・森山 潤)


 1995年に日本から始まったICTEは,第2回台湾,第3回オーストラリアを経て,第4回大会が韓国太田にて開催され,会場となった忠南大学先端磁気材料研究所(写真左)に,各国の技術教育の研究者が集まりました。今大会のテーマは,「情報時代における技術教育の新しいパラダイム」です。

  

 会場では,多くの研究者が久々の再会を喜ぶ姿が見られました。各国の研究者との交流が生まれて行くところに,国際会議の醍醐味があります。また,規模は必ずしも大きくはないものの,韓国の教材メーカーによる教材展示もなされていました(教材については,Eo-Eun小学校訪問のページにて紹介しています)。

  

 余談ですが,韓国と言えば焼肉とキムチ。本場の味はやっぱり「スゴイ」!。写真中央は,赤トウガラシに汗する森山です。写真左は,外側で焼肉,内側のうどんすきという,一挙両得の鍋料理です。

  

 研究発表は,ポスターセッションとオーラルセッションに分けられ,日本からも多くの研究者が参加されておられました。

 

 シンポジウムでは,イギリス,香港,ニュージーランド,台湾,韓国,オーストラリア,日本等,アジア・環太平洋諸国の技術教育の現状と課題について,議論が交わされました。

 本大会,並びにICTEの組織,今後の予定等の詳細は,韓国技術教育学会KTEAの下記のホームページにて参照して下さい。次回は,2003年ニュージーランドの予定です。

KTEA/ICTE2001:http://www.ktea.or.kr/icte2001/index.htm


《戻る》