アメリカ合衆国/ジョージア州/アトランタ

国際技術教育学会第63回年次大会(エキヒビジョン編)
The 63rd Annual Conference of
International Technology Education Association

訪問日:2001年3月


 

 ITEA年次大会では,前ページで紹介した学会本体のプログラムと併行して,教材メーカーによるエキヒビジョンが開催されます。大きなホールに各教材メーカーのブースが展開されており,その規模には驚かされます。中には,あのNASAや全米科学財団(NSF)等のブースも設置されています。

 

 アメリカには,技術教育関係の教材メーカーがたくさんあります。それぞれのメーカーが教材を設置すると共に,カタログや資料,粗品やサンプルが用意され,担当者が色々と相談に乗ってくれます。写真は,有名な某メーカーのブリッジビルダーと材料強度の学習のためのCAIシステムです。

 

 左の写真は,木工用の旋盤で,この旋盤自身を製作する題材が紹介されていました。右の写真は,ロボットアームの制御を学習するCAIシステムです。

 この写真は,新しい技術教育に対応しうる実験教室の設計例を紹介したものです。モジュールごとにブースがもうけられている典型的な設計がなされています。このページだけではとても紹介しきれませんが,エキヒビジョンは,技術教育の教材,教科書,資料,システムの宝庫であり,ITEA年次大会の大きな魅力の一つといえます。


《戻る》