アメリカ合衆国/ジョージア州/アトランタ

国際技術教育学会第63回年次大会(学会編)
The 63rd Annual Conference of
International Technology Education Association

訪問日:2001年3月


 国際技術教育学会(ITEA)の第63回年次大会は,アメリカ南部の町,ジョージア州アトランタで開催されました。会場は,アトランタで最も高いホテル「ピーチツリーウィスチンホテル」(写真右)を借りきって行われました。

 アトランタといえば,オリンピック。会場の側には,オリンピック記念公園があり,美しい噴水のショーが行われていました。その向こうには,最も有名なテレビ局CNNがあり,観光客向けの局内ツアーも催されていました。学会でも,毎年,会場周辺のスポットへのツアーが企画されています。

 学会のプログラムは,3日間にわたり,ワークショップ,各種委員会のミーティング,ランチョン+講演会,そしてスペシャルインタレストセッション等で構成されています。その前後には,プレワークショップとポストカンファレンスワークショップも開かれています。

 

 「Teacher Excellence Awards」や「Award and Recognition Luncheon」では,様々な学会賞の授与がなされます。その中で,愛知教育大学教授宮川秀俊先生が,その功績を称えられ,「Prakken Professional Cooperation Award」を受賞されました(左写真)。
 一方,スペシャルインタレストセッションは,いわゆる研究発表のセッションです。右の写真は,Technology for all Americans ProjectのリーダーであるW.E.Dugger先生がStandards for Technological Literacyの今後の展開について講演されている様子です。

 スペシャルインタレストセッションでは,宮川先生が2件,佐賀大学助教授 角 和博先生と森山がそれぞれ1件ずつ,計4件の日本人の発表がありました。毎年,6〜7月頃に大会への発表申し込みがあり,審査の後,許可されたものは,3〜4月に開催される年次大会で発表することができます。これらの詳細な情報はITEAの会誌である「Technology Teacher」誌に掲載されます。日本では,愛知教育大学にITEAジャパンインフォメーションセンターが設置されていますので,お問い合わせ下さい。


 また,ITEAの詳細については,以下のURLをご参照下さい。

International Technology Education Association  http://www.iteawww.org/


《戻る》