日本教育工学会研究報告集JSET06-5,pp.15-18(2006.9)

知的財産に対する中学生の意識実態についての分析

宋 彗・村松浩幸・森山 潤・中西良文・松岡 守・勝浦莉津子

[要約]

 本研究は,産業財産権まで含めた知的財産の学習についての学習効果尺度を作成するために,中学生の知的財産に対する意識実態を分析することを目的とした.予備調査を基に,48項目の尺度を作成して中学生448名を対象に調査をおこなった.
 その結果,「創造的活動への興味・関心」「創造的能力の必要性」「知財の知識獲得意欲」「許諾の意識化」「知財の社会的役割」の5因子が抽出された.「創造的活動への興味・関心」には男女間の差異が,「創造的能力の必要性」「知財の知識獲得意欲」には学年進行と共に低下する傾向,「許諾の意識化」「知財の社会的役割」因子には,学年進行と共に向上する傾向が確認できた.

[キーワード] 知的財産,特許,著作権,学習効果尺度,技術科教育

戻る