日本教育情報学会誌「教育情報研究」第19巻第3号,pp.25-32 (2003)

情報教育におけるネットワーク利用を支援する
ハイパーリンク管理・生成ツールの開発

森山 潤・上條健太郎

[要旨]

 本研究では,情報教育におけるネットワーク利用を支援する教材として,ハイパーリンク管理・生成ツールを開発した。開発したツール「404C」は,@Webページ内のリンク関係をチェックする内部参照機能,Aインターネット上のWebサイトへのリンク切れをチェックする外部参照機能,Bテンプレートと簡単な登録操作でリンク集を生成することができるリンク集生成機能で構成される。
  中学校技術科を担当する現職教員22名を対象とした教材評価の結果,外部・内部参照機能の「使いやすさ」,及びリンク集生成機能の「有用さ」で極めて高い評価を得た。また,中学生87名を対象に,リンク集生成機能を用いた試行的実践を展開したところ,本機能に対する「有用感」や「使いやすさ」等において良好な評価が得られ,実習を通して知識・理解や技術・技能,関心・意欲・態度への習得感が高まる傾向が認められた。以上の結果から,本ツールの情報教育教材としての利用可能性が確認された。

[キーワード]情報教育,ハイパーリンク,支援ツール,教材開発,教材評価

戻る