信州大学教育学部平成13年度学部・附属共同研究報告書,pp.144-153 (2003)

技術科教育における生徒の自己評価能力を高める設計学習のあり方

森山 潤・井坪・宮川洋一

[要旨]

 「技術とものづくり」(木材加工)の学習指導において,生徒の自己評価能力を高める設計学習のあり方について実践的に検討した。手立てとして,誤りを埋め込んだ設計事例に対するグループ別研究を行わせたところ,事例に含まれる設計ミスの検討を通して,初期構想に含まれる同様の設計ミスを適切に発見することができると共に,目標志向性,自己モニタ,評価基準設定等,自己評価能力の下位能力(城・1992)の水準がそれぞれ向上する効果が認められた。

【キーワード】 技術科教育,設計学習,自己評価,授業研究

戻る