京都教育大学教育学部附属京都中学校研究集録 授業研究第28集pp.260-288(1998)

学びの個性化を支援する授業の工夫
[技術・家庭科]生徒のプラン形成を支援する授業の工夫

森山 潤・久保直美

[要旨]

 学びの個性化を支援する学習指導を展開するために,子どものプラン形成を支援する技術・家庭科の授業改善を試みた。技術科では,「木材加工」領域の自由設計課題の設計場面において,自己評価の観点の探索と共有化を図る学習場面を設定した。具体的には,設計ミスを含む設計事例を班ごとに追求し,プレゼンテーションを行い,自己評価の観点を提案させた。さらに,各班が提案した自己評価の観点について全体でディスカッションを行い,観点を整理しなおした。整理した観点に基づいて各自の設計図を自己・相互評価させたところ,潜在的に含まれていた設計ミスが顕在化され,生徒のフィードフォワードを促すことができた。

[キーワード]技術・家庭科,プラン形成,設計事例研究,フィードフォワード

戻る