兵庫教育大学学校教育研究センター紀要「学校教育学研究」第19巻,pp.77-85(2007)

自己とコンピュータとの関連性が高校教科「情報」に対する意識に及ぼす影響
〜中学生の興味と将来展望に焦点をあてて〜

森山 潤・岩倉鮎美・鬼頭明仁・松浦正史

[要旨] 

 

本研究では,高等学校教科「情報」(以下,高校情報科)に対する中学生の意識において,自己とコンピュータとの関係性が及ぼす影響を検討した。高校情報科の履修直前に当たる中学3年生計320名を対象とした調査の結果,女子はコミュニケーションという脈略から情報社会に参画する態度の育成を重視する情報Cの教育内容に肯定的な意識を形成していること,男子はコンピュータの仕組みなど,テクノロジーの側面から情報の科学的理解を重視する情報Bの教育内容に肯定的な意識を形成していることが示唆された。また,これらの傾向の背景として,キャリアとの関連でコンピュータと自己との関わりに対する将来展望が影響していることが推察された。 

キーワード:高校教科「情報」,中学生,意識,コンピュータ

 

戻る