コンピュータを構成という面から見る場合、まずは機械の部分と中で動かすプログラムの部分に分けて考えます。
この、機械の部分を「ハードウェア」といい、プログラムを「ソフトウェア」といいます。
このページでは、これらのコンピュータを構成する要素について、簡単に説明します。

ハードウェア
ソフトウェア

直線上に配置

ハードウェア

パーソナルコンピュータの構成
(大型コンピュータも同様)

マイクロコンピュータの構成
○入力装置
データや命令を入力するための装置

○記憶装置
処理途中の中間データや処理した結果などを記憶するための装置で、主記憶装置に入りきらないデータや処理までに間のある情報は外部記憶装置に格納される

○演算装置
記憶装置と頻繁にデータのやり取りをしながら、記憶したデータを計算したり、比較したりする装置

○出力装置
入力したデータや処理した結果などを表示する装置

○制御装置
入力・記憶・演算・出力の各装置がプログラムの命令どおりに働くように、コンピュータ全体のはたらきを調節する装置

※演算装置と制御装置、および主記憶装置をまとめて中央処理装置(CPU)といいます。また、中央処理装置が格納されている装置を本体、本体に接続して使用するその他の装置のことをまとめて周辺装置と呼びます。
○固定記憶装置
装置全体を動かす手順を格納した部分

○一時記憶装置
入力された情報などを一時的に格納しておく部分で、その情報はコンピュータが使い終わった時点で消去される

○中央処理装置
大型コンピュータやパーソナルコンピュータと同様、この中には計算を行う演算装置と機器全体を制御する制御装置がある

○入出力制御装置
人の手やセンサー等の、外部から入力された情報を内部に送ったり、内部からの命令により機械部分を操作するための情報を外部に送り出したりする部分

○機械部分
それぞれの機器に特有の、純粋に機械の部分

※上記の中の、機械部分を除く他の4つが、いわゆるマイクロコンピュータになります。
「コンピュータの動作例」へ
ページの先頭へ
トップページへ

直線上に配置

ソフトウェア
コンピュータに一定の仕事をさせるためには、プログラム(コンピュータに実行させようとする仕事の手順を書いたもの)を起動したり、データを与えたりする必要があります。これらのプログラムとその利用技術をソフトウェアといいます。ソフトウェアは、大きく分けて次の2つになります。

○オペレーティングシステム(OS)
コンピュータでプログラムを働かせるための基本的なソフトウェアで、プログラムの実行や周辺装置の管理などを行っています。コンピュータを起動したときには一番最初にこのソフトウェアを読み込ませます。このソフトウェアが実行されている上で、他のソフトウェアが動くようになります。

○応用ソフトウェア(アプリケーションソフトウェア)
コンピュータを使っていろいろな仕事を行うための、特定の目的を持ったそれ専用のソフトウェアです。文書作成や表計算、データベースなどの実務系ソフトウェアだけでなく、ゲームをしたり音楽を聴いたりするための娯楽系ソフトウェアもここに当てはまります。

また、ソフトウェアなどのプログラムをつくるための言語をプログラム言語といいます。これには、ハードウェアが直接理解できる言語(機械語)から、人間の言葉に近い言語(高水準語)まで、いろいろな種類があります。
ページの先頭へ
トップページへ