木工道具の種類「彫る」

聞き耳エピソード

 ノミは、カンナ同様にさびやすいので、大工さんの間では、おがくずの中に入れて保管するという方法があります。
 これは、湿気をすってくれるので、さびにくくなるということなのです。
 
 それと、ノミの刃の表はどちらだと思いますか?へこんでいるほうが表なんです。
 なぜへこんでいるか?というと使いやすいし、研ぎやすいからだそうです。
 ちょっとしたところに工夫があるのがノミなのです。 


ノミ「鑿」

写真を見てもらってわかるとおり、いろいろなノミがあります。

それぞれ使い方がありますが、今は機械にとって変わられている部分がおおく、ノミを使う場面は、ほぞの微調整で使うことが多くなってしまいました。
これは、短時間で家を仕上げなくてはいけないということが原因しています。
たとえば、天井の格子を作るのに、手では15日ぐらいかかりますが、機械でやると2日でできてしまいます。


写真の赤丸部分を見てください。
そこには、鉄でできた輪がついています。
これを「環(かん)」といいます。
これは、柄の割れを防ぐ役割があります。

大工さんいわく
「この環をしっかり固定しておかないと環が抜けて自分の手をはたいてしまうことがあるそうです。血豆をよく作ったそうです。
手入れをしていくとだんだんと柄が短くなり、手になじむようになる」と話してくれました。