大工道具の種類「穴あけ」

キリ「錐」 道具の使い方のポイント

写真をクリックするといろいろなきりが見れます
材料を接合するときに、必ずキリを使います。

これは、板に割れが入ったり、くぎが曲がって入らないために行います。

「もみキリ」と言われるように、薬草などを手のひらでもむようにして使います。
手のひらにキリをはさみ、下に押し付ける要領でもみます。

この「もむ」という表現が難しいですが、手のひらを前後にこすり合わせるように使います。