木工道具の種類「削る」

 

カンナ「鉋」 道具の使い方のポイント

写真をクリックするといろいろなカンナが見れるよ
@カンナの命は、カンナ台です。どんなにカンナ身がきれいに研げても、カンナ台の「下端(したば)」が平らでないとだめです。

Aかんな身の出し方は、かんな身のかしらと台がしらを木づちでたたきながら調整します。髪の毛一筋といいますが、微妙な調整が難しいです。

B上体をカンナにかぶせるようにして、体重をカンナにかけ、押し付けるように引いていきます。これは体験しないとわかりませんので、実際に使ってみましょう。削り屑が、削っている板と同じように平行に出てくれば、たいしたものです。