木工道具の種類「測る」

 

さしがね(曲尺) 道具の使い方のポイント

写真をクリックすると拡大するよ

@ものを作るときには、必ず寸法が大切になってきます。まずは、作りたいものの大きさを考えます。

Aさしがねの長手を使って基準面(こば)を決めます。この基準面が、寸法を取るときに大切になってきます。
(もち方、使い方)
B長手を基準面にあて、妻手側で線を引きます。
スコヤ 道具の使い方のポイント

写真をクリックすると拡大するよ
@さしがねでもできるのですが、木材を切断したり、カンナがけした後に、加工した面が直角であるかどうかを検査します。

A木材にスコヤをあてることでわかります。

B自由スコヤでは、さまざまな角度を検査することができます。