3.ソフトウェアの役割


パソコンの機械部分をハードウェアいうのに対して、それらを動かすものをソフトウェアといいます。
ソフトウェアには、大きく分けて「OS」と「アプリケーションソフト」の2つに分けることができます。

OS


Free BSD / windows98

OSは、正式にはOperating System(オペレーティングシステム)といいます。 OSは、アプリケーションソフト(応用ソフト)と、コンピュータ本体、周辺機器を含めたハードウェアを仲介する基本的なソフトウェアです。 OSは、どんなパソコンにも入っています。

OSは、コンピュータの持つ機能(入力、出力、記憶、制御、演算)を最大限に利用できるよう、またユーザにとって、使いやすいコンピュータシステムの環境を提供します。

 

アプリケーションソフト


adobe Photoshop / Microsoft office97

アプリケーションソフトは、日本語で応用ソフトと訳されています。 アプリケーションソフトには、ワードプロセッサ、表計算、ペイントといった目的別に分けられます。

 2.「レストランに例えると?」 / 4.コンピュータの歴史とこれから 


1.コンピュータの五大機能を知ろう

トップへもどる