1.コンピュータの五大機能を知ろう


 このページでは、コンピュータの基本的な役割である「五大機能」を詳しく見ていきたいと思います。皆さんは、コンピューターを触ったことがありますか? コンピューターを使うと、仕事を非常に速く済ませたり、正確に仕事をこなすことができます。

 コンピュータには、様々な種類があります。皆さんが個人で使う目的で作られた「パーソナルコンピュータ」、オフィス事務処理で使用するための「オフィスコンピュータ」、科学技術計算を目的に開発された「スーパーコンピュータ」や「ワークステーション」などがあります。また、最近では「マイクロコンピュータ」という炊飯器や掃除機などの身近な家電製品も、小さなチップが入っていて、一種のコンピュータということができるでしょう。その中で今回は、コンピュータの代表格である「パーソナルコンピュータ」(以降パソコンと略します)について見ていきたいと思います。

 コンピュータの働きを大きく分けてみると、5つの働きに分けることができます。これを、コンピュータの五大機能といいます。それぞれの関わりは下図のようになります。それでは、装置ごとに働きをみていきましょう。

コンピュータの五大機能とは、

@入力機能A出力機能B記憶機能C演算機能D制御機能

の5つのことを指します。


 入力機能は、外部からの情報を、コンピュータに読み取るためのものです。 読み込まれたデータやプログラムは、コンピュータシステムに適した形式の信号に変換されます。簡単に言うと、人間がコンピュータにプログラム、データ等を入力する機能です。

具体的な装置としては、例えば、

が挙げられます。

 戻る     /     進む 


 出力機能は、演算結果や保存されているデータなどを外部に表示する役割を担っています。簡単に言うと、文字や画像を表示する機能です。

具体的な装置としては、例えば、

が挙げられます。

 戻る     /     進む 


 記憶機能は、プログラムやデータ、処理結果などを記憶として保存する働きをします。実際の記憶装置には、電源を落とすと記憶していたデータやプログラムが消えてしまう「一次記憶」と、電源を落としても記憶したデータやプログラムがそのままの保存される「二次記憶」があります。

具体的な装置としては、例えば、

が挙げられます。

 戻る     /     進む 


 演算機能は、データをプログラムの命令にしたがって、計算や比較して処理を行います。コンピューターは基本的に「1」(電気が通っている)と「0」(電気が通っていない)の2つの数字を組み合わせて計算しています。その計算の速さは、一秒間に何百万回というスピードで計算しています。

具体的な装置としては、

 ・CPU 

が挙げられます。

 戻る     /     進む 


制御機能は、プログラムの命令を解読し、他の各装置に指示を出します。制御機能は、全て装置の統括をしています。

具体的な装置としては、

 ・CPU

 ・マザーボード 

が挙げられます。

 戻る / 2.「レストランに例えると?」へ進む 


3.ソフトウェアの役割

4.コンピュータの歴史とこれから

トップへもどる