・「うなり木」は世界中の遺跡から発見されている最古の楽器の一つです。構造は簡単で、一枚の板と紐からできています。材料は木や骨など、色々と発見されています。もともとは、先祖との交信や、悪霊退散、邪気払いなどに、使用されていたと考えられています。

・簡単な割に、大きな音が出て、意外性もあります。また、刃物の使い方を習得するのに、すばらしい教材であると思います。

・一年前のYOU遊サタデーにおいて実践しました。こういった手作業のなかでの、微妙な力加減が大きな機械を使う時に、怪我をしにくかったりと、非常に大切であると思います。